鼻尖縮小おすすめクリニック

鼻中隔延長での施術後の赤み

鼻中隔延長での施術後の赤みは?

鼻中隔延長の施術後に赤みがあるのは大丈夫なのでしょうか。

鼻中隔延長手術では、鼻や耳の後ろなどから軟骨を採取してそれを取り付けることで鼻の高さを出す方法となってきます。

切開して行う手術となってきますから、傷跡が赤くなるということは決して珍しいということではありません。

腫れなどは2~3週間で治まってもまだ、赤みが残っているということもありますが、これもそれほど心配する必要はないでしょう、だいたい3ヶ月程度で赤みは消えていきます。

赤みがあるとどうしても傷口が目立つような気がしてしまうという人もいると思いますが、これも切開手術を行った後になりますから仕方のないことと考えた方がよいようです。
できるだけ目立たない位置を切開してもらうようにするのが一番です。

鼻中隔延長の傷は目立つ?

鼻中隔延長手術を行う際に気になるのはやはり傷口でしょう。

鼻の穴から手術を行うような場合には、傷口は外からは見えませんから安心ですが、鼻の穴からの手術となると視界が限られてしまい難しいことも少なくありません。

どの程度の鼻中隔延長手術を行うのかにもよりますが、外側からでないと手術をおこなうことができないということは少なくありませんから、その場合には、切開する場所をしっかり確認することが必要です。

切開するといっても数ミリ程度となりますから、決して大きな傷ということはありませんが、やはり傷口としては残ります、目立たない位置に傷口が来ることを確認しておくことも大事なことになってきます。

外側から手術を行う場合には、できれば中側から手術を行ってほしいという希望を出すこともよいかもしれませんが、必ずしもそれができるということはありませんから、最終的には医師の指示にしたがってきれいに手術してもらうようにしましょう。
鼻中隔延長のできるクリニック

最新記事

  • 鼻中隔延長での施術後の赤みは? 鼻中隔延長の施術後に赤みがあるのは大丈夫なのでしょうか。 鼻中隔延長手術では、 …

    鼻中隔延長での施術後の赤み

  • 鼻尖縮小でギブスをつけるって? 鼻尖縮小は、皮下南部組織を除去し、鼻翼軟骨を内側に固定したり、鼻翼軟骨を部分切 …

    鼻尖縮小でギブスをつける

  • 小鼻にヒアルロン酸を注入するメリットは? 鼻の印象を変えたいという時には、いくつもの方法がありますが、その中の …

    小鼻 ヒアルロン酸のメリット